解体用語

犬走り

日本建築技法のひとつで、建築物の隣にある、「犬が通れるくらいの細い道」の事を言います。

昔の家には、雨どいがなかった為、屋根から落ちる水滴は地面に落ち、住宅の壁などに泥汚れを作ってしまった様です。そこで犬走りを作り泥はね防止をしたのが始まりだそうです。

また、犬走には正確な幅はありませんが、一般的には40~60㎝と言われています。

材質についても決まりがなく、好きな材質で施工が出来ますが費用の関係から、砂利やコンクリートを使用する事が一般的です。

犬走のメリット 水や泥はねの防止、砂利やコンクリートで地面を覆う事で、雑草が生えなくなります。 もう一つは、虫が家に入り難くなります。

解体工事のことならスマイル解体横浜にお任せください
解体工事のことならスマイル解体横浜にお任せください