解体用語

旗竿地(はたざいち)

旗竿地(はたざおち)って?

公道から細長い路地を通り敷地に入る。旗竿に似ている事から旗竿地と呼ばれています。建築基準では2m以上道路にに接するように接道義務が定められています。

施工事例はこちらから⇒ 木造2階建て家屋解体工事 横浜市瀬谷区相沢

重機が入れる道路幅がない旗竿地は手壊しとなります。廃材搬出のトラックの駐車スペースを確保する事も大変です。道路幅の狭い旗在地の解体では、手壊し・手運びとなる為、解体費用も高額になります。

解体工事のことならスマイル解体横浜にお任せください
解体工事のことならスマイル解体横浜にお任せください