解体用語

境界標

境界標って?

【 境界標の種類 】
≪コンクリートの杭≫
一番多く使われている軽量コンクリートの境界標です。サイズや大きさも色々あります。

道路と敷地の境界・隣地との境界など、この様な矢印のついているものもあります。

御影石 御影石は強度・光沢もあり優れた境界標ですが、天然席の為、価格も高額になります。

根巻 コンクリートの境界標の根元を一回り大きくコンクリートで固めた物。地面に埋め込んだ場合、強度が増します。

プラスチック杭 軽く加工がし易い為、最近は多くなっていますが素材の安定性が悪いので欠ける事があります。

木  杭 材質が腐食や耐久性に欠ける為、仮杭として使われる事が多いようです。

軽く加工がし易い為、最近は多くなっていますが素材の安定性が悪いので欠ける事があります。

 

施工事例はこちらから⇒ 樹木伐採・整地作業 川崎市高津区久地

隣地との間に境界の目印として地面に埋め込まれて設置されている杭の事を境界標と呼びます。 境界は直線で分けられているとは限りませんので、境界折れ点に設置します。 境界標の材質・大きさ・形状(丸型・角型)等は特に制約はなく永続性のある材質等であれば良い様です。

解体工事のことならスマイル解体横浜にお任せください
解体工事のことならスマイル解体横浜にお任せください